ボルボ整備ブログ

2014.11.19更新

寒くなってくると増えてくる不具合にブレーキブースターの不具合と言うの在ります。
FRのボルボの時代から定番中の定番修理ですが、
不思議なことに2000年以降の285系のV70でもこの不具合が起こります・・・
エンジン警告灯点灯、フューエルトリム系の故障コードが入ったり、酷いものは音もするので直ぐに解りますね。
ただFRのボルボと違って厄介なのは、エンジンをずらさないとブレーキブースターが取れないんですね~
基本的にはエンジン半降ろしとなります。
部品も高くて、工賃も高いので厄介ですが、多少でも安くしたい場合は当社では社外品のり扱いも御座います。
ディーラで作業すれば、10人以上の諭吉さんが飛んで行くのは確実ですので
安価に収めたい方はご相談ください。(まあそれでも高いですけどね・・・)
写真は先日交換したブースターですが、何故かペダル側にコーキングの痕が・・・?(左側)
全然意味ないんですが、どっかの整備工場で苦肉の策で施したのでしょうね~笑

2014.11.05更新

今日は燃料フィルターのお話です。
ここの所、燃料フィルターの不具合が立て続きました。
まあ、どの車両も古いKジェトロの240ですが・・・
燃料フィルターはメーカーの推奨交換時期があります。
古いボルボだと10万km程度の交換が目安となりますが
走行距離だけでなく、ある程度の年数でも交換が必要な時も有ります。
特に古い240等で金属製のガソリンタンクの場合、ガソリンタンク内に水が貯まると
錆が発生して其の錆びた水の影響でタンク内やライン、フィルター、Fディスビ等を侵食することが有ります。
今回の245は、アイドリングは正常、ただ冷間時の吹け上がりが著しく悪く
暖気後はやや正常に戻ると言う症状でした。
当社ベテランスタッフの森元がチェックすると
ラインプレッシャー(燃圧)は正常なのに、コントロールプレッシャーが高く
結局コントロールプレッシャーレギュレーターが詰まった不具合でした。
タンク内を覗いて見ると水分が多く、フィルター内も水で一杯でした。
このような状態では、良い燃料がエンジンに供給されずにエンジン不調となります。
たかだか燃料フィルターですが、されど燃料フィルターです。
240にお乗りの方は特に注意が必要です。
(940以降は樹脂製のタンクで錆に関しては心配ありませんが、水が溜まるのは変わりません)
今回はタンク内の水を抜いて、フィルター交換、ライン洗浄等を施して作業完了です。

1枚目の写真は今回の修理でフィルターから出てきた燃料
2枚目は別の車ですが、こちらもフィルターからは綺麗ではないガソリンが・・・

2014110501.JPG

 2014110502.JPG

 

購入やメンテナンス、車検、ご希望の車やパーツもお探します!

ボルボのことなら何でもご相談ください。

電話番号0422-33-8888 営業時間:10:00~19:00

メールアドレス

confoottel_sp.png

メールアドレス

何でもご相談ください

車検・整備は事前予約をお願いします。電話番号0422-33-8888 営業時間:10:00~19:00

メールアドレス

お車についてのお問い合わせ部品についてのお問い合わせその他のお問い合わせ

VOLVO社外・純正 2ND Motorsのパーツ販売 2ND Motorsパーツ販売サイトへ中古車・パーツ販売 メンテナンス 2ND Motorsについて根っからの車好き達がボルボライフをお手伝いします! スタッフ紹介
お客さまの愛車を写真で紹介 VOLVO写真館ボルボ屋オヤジ日々のぼやき ボルボ屋オヤジの日記帳ボルボパーツネタ! ボルボパーツBLOG2nd Motorsを覗き見 ボルボ整備BLOG

2nd Motors Twitter