ボルボ整備ブログ

2020.11.25更新

さて今回はボルボ240のフロントハブベアリングの修理です。

こちらのお車はものすごい異音がしたとの事でレッカーでのご入庫です。
フロントのハブベアリングが完全に崩壊してストラットのナックルにまで傷が付いてしまっている状態です。かなり危険な状態でしたね。


ホイールが付いている箇所をおおまかにハブと言いますが、その中に大きいベアリングが入っています。フロントのホイールの真ん中の蓋がしてある部分の中です。
240は調整式になっていてガタがある場合は締め付けて調整が必要になります。

ここの調整は締め付けすぎても緩すぎてもダメなので少しコツがいります。
締め付け過ぎるとベアリングが焼けますのでご注意ください。
グリスの不足、劣化、水の混入なども要注意。

ベアリングは定期的なオーバーホールが望ましいです。
当社ではハブを分解してひとつひとつ丁寧に洗って焼けがないか、転がして違和感がないか点検し丁寧にグリスアップして調整していきます。
その際ダメな場合は交換します。


当社の社長いわく、古巣のVOLVOでは当時ハブベアリングとブレーキキャリパーは車検ごとに分解清掃していたらしく新人時代いっつもこればっかりやっていたと。。。

さすがに車検ごとの頻度で今はやる必要はないと思いますが、それぐらい重要な箇所だとい言う事ですね。

当社ではなるべく整備履歴のわからない初めての点検のお客様などにはフロントハブのオーバーホールを進めてはいるのですが、予算のご都合や走行距離などで先送りする場合も多い箇所です。

当社で販売している240はほとんどの納車整備でやっている項目です。

今回は中古のストラット交換、ハブベアリング交換、傷ついたブレーキディスクの交換になってしまいました。
危険な目に遭わないためにも、高額な修理にならないためにも早めの整備が必要ですね。

なかなかご自分で見て判断できる箇所ではないですが気にしてみてください。


松川

 



pic20201125151707_0.jpg



pic20201125151707_1.jpg



pic20201125151707_2.jpg

2020.11.06更新

さて、また前回から日が開いてしまいました。

今回は最近多い故障事例で行きます。

ボルボ240、940で当社で最近よく交換しているものがパワーステージ(イグナイター)です。

左ヘッドライト後ろのボディ側にくっついてます!
交換は比較的簡単です。

故障した時の症状としてセルは回るけど火は飛びません。
240.940の場合は燃料ポンプも動きません。それゆえに燃料系かと誤診しがちです。
故障コードも入らない事がほとんどです。
走行中のエンストよりも、始動不良になることが多いですかね。

昔から交換する事はよくありましたが、実際での故障頻度はそれほどでもなかったですね。
ですので予防整備で替えていたのがほとんどです。
外から壊れているかはわからない部品ですし症状もいきなり出ますので困ります。

経年劣化での内部部品の寿命の時期に入ってしまったのでしょうか。

予防整備のできる余裕のある方は、そろそろ替えた方がよい部品ですかね。。

 

松川



pic20201106185624_0.jpg



pic20201106185624_1.jpg

購入やメンテナンス、車検、ご希望の車やパーツもお探します!

ボルボのことなら何でもご相談ください。

電話番号0422-33-8888 営業時間:10:00~19:00

メールアドレス

confoottel_sp.png

メールアドレス

何でもご相談ください

車検・整備は事前予約をお願いします。電話番号0422-33-8888 営業時間:10:00~19:00

メールアドレス

お車についてのお問い合わせ部品についてのお問い合わせその他のお問い合わせ

VOLVO社外・純正 2ND Motorsのパーツ販売 2ND Motorsパーツ販売サイトへ中古車・パーツ販売 メンテナンス 2ND Motorsについて根っからの車好き達がボルボライフをお手伝いします! スタッフ紹介
ボルボ屋オヤジ日々のぼやき ボルボ屋オヤジの日記帳ボルボパーツネタ! ボルボパーツBLOG2nd Motorsを覗き見 ボルボ整備BLOG

2nd Motors Twitter