ボルボパーツブログ

2013.11.28更新

パーツ担当の長島です。今回は、B230エンジンのエキゾーストマニホールドガスケットのお話です。

 

写真は、240シリーズ88年式ですが、茶色い部分がエキゾーストIMGP3574.JPG

 マニホールドです。800°C位の温度になるアツーイ部分です。

燃焼ガスがココを通って表に捨てられてゆきます。 

 この熱とか、ガスのすべてを利用できずに、失ってしまうのです。

 ウーン、もったいないですね。

 

 

 

 

 

IMGP3572a.jpg さて、このマニホールドとエンジンのシリンダーヘッドの間にガスケットを使用しております。コレが弱ってまいりますと、燃焼ガス漏れを起こすのでございます。初期の症状はアイドリング時は普通のエンジン音ですが、空吹かしをしたり、  加速をした時に、ピリピリ!とか、ビチビチ!というような音がします。後期になりますと、隣りのおばさんに、怒られる音が出ます。    そうなってしまったら、ガスケットを交換しましょう。

なぜか、1番シリンダー (右はじ) のガスケットが、ダメになります。横着な方は、マニホールドを浮かして、ココのみ交換しちゃおう!!てな事をしています。おすすめ、できませんが・・・・・。4枚セットで交換しましょうネ。

ボルボ B230エキゾーストマニホールドガスケットセットの商品はコチラ↓

http://www.volvoparts.cc/eshopdo/refer/refer.php?sid=ns85173&cid=3&scid=12&mcid=&me=&vmode=&view_id=bp-271704f

宜しくお願いいたします。

 

2013.11.19更新

パーツ担当の長島です。今回は200シリーズに使用している、ヒューズのお話です。

助手席足元にヒューズボックスがありまして、そこに、今回の主役、ヒューズ達がいます。

 

IMGP3543.JPG写真は、1976年式(チョット古すぎ?)260セダンのヒューズボックスです。93年式の240も変わらずココにいます。一番下と二番目のヒューズをはずしてありますが、白っぽく変色しているのが、ご覧になれると、おもいますが、コレが、200シリーズの伝統的故障の一つ、接触不良をおこす、粉ふき現象です。こいつが、ヒューズボックス全体を食いつぶし、粉コナこな、になり、電気系統は、パニックに陥り・・??

電気系の様々な故障を引き起こします。ランプ類が、時々灯かなくなったり、何もしていないのに、ワイパーが、突然動いたりとか。ヒューズも全体に白っぽくなり弱々しいです。

 

IMGP3544.JPG

 

 

原因は、雨漏れによる、湿気とかございますが、ヒューズの緩みが一番の原因です。ヒューズホルダー(銅色の板)が広がってゆるくなってしまうのです。指でつまんで (グイグイと) 強くして、ヒューズを挟んであげましょう。きれいに掃除もしてくださいネ。そして、新品をつけてください。半年に一回くらい点検してあげましょう。 

 

IMGP3554.JPG

 

赤いのが16アンペア、白は8アンペア、青が25アンペアです。

ボルボ240ヒューズKITのご購入はコチラから

http://www.volvoparts.cc/eshopdo/refer/refer.php?sid=ns85173&cid=3&scid=13&mcid=&me=&vmode=&view_id=bp-1000i

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

購入やメンテナンス、車検、ご希望の車やパーツもお探します!

ボルボのことなら何でもご相談ください。

電話番号0422-33-8888 営業時間:10:00~19:00

メールアドレス

confoottel_sp.png

メールアドレス

何でもご相談ください

車検・整備は事前予約をお願いします。電話番号0422-33-8888 営業時間:10:00~19:00

メールアドレス

お車についてのお問い合わせ部品についてのお問い合わせその他のお問い合わせ

VOLVO社外・純正 2ND Motorsのパーツ販売 2ND Motorsパーツ販売サイトへ中古車・パーツ販売 メンテナンス 2ND Motorsについて根っからの車好き達がボルボライフをお手伝いします! スタッフ紹介
お客さまの愛車を写真で紹介 VOLVO写真館ボルボ屋オヤジ日々のぼやき ボルボ屋オヤジの日記帳ボルボパーツネタ! ボルボパーツBLOG2nd Motorsを覗き見 ボルボ整備BLOG

2nd Motors Twitter