ボルボ整備ブログ

2020.07.22更新

さて今回のお車は240の1992年式のセダンの修理例です。

こちらのお車は数年前に1992年モデルを顔面を1980年の244ターボから移植して当社で作った車です。我ながら、かなりいい雰囲気です!


さて梅雨時に多いのが雨漏れ。
サンルーフ付きの車の少ない(ディーラー車にはない?)240ではフロントガラスのシールからの漏れが一般的ですがこちらのお車はサイドステップに溜まった水が室内へ。
ここまでくるとカーペットしたの吸音材なども酷い事に。
サイドステップの中はカウルトップから入った雨水の通り道になっているのですがドレンが詰まると水が溜まってしまいます(3、4箇所ドレンがあります)。
まれにアクセルONでジャバジャバ音が聞こえる場合も。
こちらのお客様の駐車場がフロントが傾斜しているためフロント部分に過剰に水が溜まってしまったみたいです。

気になる方はとりあえず外側のドレンをマイナスドライバーや棒でつついてみてください。
詰まっていると水がじゃーっと出てきます。。。


松川

 

 



pic20200722193637_0.jpg



pic20200722193637_1.jpg



pic20200722193637_2.jpg

2020.05.18更新

またまた お久しぶりになってます。

色々と気を付けながらの生活は不便ですが当社スタッフは元気になんとか営業しております。


さて今日のネタはB230エンジンのフューエルプレッシャーレギュレーターの交換です。

前にも書いていたらすみません。


簡単に言うと通常はエンジンの負圧を利用して燃圧を保持してエンジンを切ってもガソリンをインジェクターのデリバリーパイプに留まらせて次にエンジンをかけるときに始動しやすくするためにあるものです。
ダメになると燃圧を保持できなくなりセルモーターを長く回さないとエンジンが始動しなくなります。
まだそれだけだとそんなに支障はないですが完全にダメになるとガソリンがインテークマニホールドに流れ込み燃調を狂わせて調子が悪くなります。

燃圧計ですぐに調べられますが自分はバキュームホースをクンクン嗅いで確認できます(笑)。セルのくランキングが長いなと感じたらホース外してクンクンです。


こんなところも不調の原因がいますのでご参考になればと…。








pic20200518192845_0.jpg



pic20200518192845_1.jpg



pic20200518192845_2.jpg

2020.03.09更新

さて今回は販売車両の240GLワゴン

1985年モデル角目4灯の納車整備の状況です!



こちらのお車はホームページなどにアップする前に売れてしまいました。
正直、中古車は巡り合わせというのかタイミングというのか。
古い車なのでいくら探しても見つからないのに、たまたま出会ってしまったり。


とりあえず外見は塗装がボロボロの剥げ剥げでしたので元色でオールペイントしてぴかぴかに!

さてこちらのお車、まず漏電してます。
まあ、240の漏電の一番多いのは集中ドアロックユニットの配線のショート!!
鍵で回すとガチャガチャする場合など要チェック。
キーレス付けた場合もついでに要チェック!
案の定ボロボロなのですぐ修理。


アイドリング不調。
インマニのエア吸いみっけ!ガスケット交換しながらのバルクヘッド部分の配線ボロボロ修理。。ここ発電不良の原因だったり水温計異常なども。

あと、なんだかエンジン調子悪目。
燃圧が上がらない?ガス欠?
その犯人はインタンクポンプのホース千切れちゃってます。


この車はおそらくワンオーナーかも(記録簿無し、旧ナンバー二桁)なので意外と整備されていた車でしたが触れば触るほどにいろんな箇所に手を入れる必要がありました。

とまあ、こんな感じで納車整備はまだまだ、まだ続く。。。

 
外見だけ良くしても肝心な機関がしっかりしていないと安心して乗れませんからねぇ。。。

松川

 



pic20200309121647_0.jpg



pic20200309121647_1.jpg



pic20200309121647_2.jpg

2020.02.08更新

さて今回は2008年式のV70です。
BB、135と言われるモデルチェンジした最初の年式の車です。

こちらのお車、走行距離は3万キロ代。

走行中にエンスト。再始動はできます。
当社では特に症状出ず。

診断機で見ると燃料系の故障コード。
ですが最後まで故障箇所は特定してくれません。
エンジン掛けてECMのランニングデータを見ていきます。
すると室内後ろの方からポコッとたまに音がします。
燃料ポンプ?から音がします。
データを見ているとポコッと音がするとフューエルプレッシャーの値が1000kpa超えます。
ECMが要求している数値は400kpa。
なのに圧は異常な数値。
古い車だとプレッシャーレギュレーターかなんて思ってしまいますが、この車だとプレッシャーセンサー!!
このセンサー、当社でもよく交換してます。
でもこの走行距離でダメになるとは!!
新しいと思っていた2008年式も12年落ちですか。。。
サクッと交換して数値が落ち着きました。
走行テストして終了。


松川



pic20200208184958_0.jpg



pic20200208184958_1.jpg



pic20200208184958_2.jpg

2020.01.18更新

今年、一発目の投稿です。

今年の目標はもう少し投稿頻度を上げること!!
皆様、本年もよろしくお願いいたします。


さて今回は、
車種は240と940に共通することです。

たまにATの変速ショックが大きい
シフトアップのタイミングが遅く引っ張ってしまう(エンジン回転が)
ので「ATがもうダメですかね」と聞かれたりします。

本当にダメな場合もありますが
そんな症状の時にまず最初にすることは、すごく基本的な所なのですがキックダウンケーブルの調整!
スロットルの部分に付いているケーブルがピンピンでしたらたるむぐらい緩めてみてください。
それだけでかなり良くなる場合がかなりあります。
調整の際に下の写真のように金具からケーブルが抜けてしまっている車もあります。
その時はむりやり押し込んでやればいいのですが(入らない時はあぶってみたり削ってみたり)、ケーブル外側の補強のためのワイヤーが飛び出して最後まで押し込めない時もありますのでその時は飛び出しているところを少し切ってしまいましょう。(キックダウンワイヤー自体は絶対に切らないでくださいね)

とまあ、今回紹介したのは一例でATの内部で不具合が起きてしまっているものは論外ですがキックダウンケーブルが交換する必要がある物もありますので。。。

完全に固着しているものはいっそのこと外してしまうという応急処置も有りです。。。

 

松川

 



pic20200118175401_0.jpg



pic20200118175401_1.jpg

2019.11.08更新

いつの間にやら寒い季節になってしまいましたね。


皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて久しぶりの整備ブログです。


今回はボルボ940の点火系の修理です。
雨の日に調子が悪いという事でお預かりです。

特に故障コードはは無し。
まずは基本のプラグ、プラグコード、ディスビをチェック。
ディスビの中にオイル漏れ、ディスビキャップに強いリーク跡有り、プラグコードのセンターコード擦れリーク跡。とまあこんなところが原因かなと。

ディスビキャップとローターは消耗品と割り切って早めの交換が望ましいです。
オイル漏れはカムシャフトに刺さる箇所のOリング大、小の交換をしましょう。
あと、自分的に大事なところなのですがプラグコードのセンターコードがヒーターホースやヘッドなどに干渉しないように処理をしないといけません。
こんなのでと思うかもしれませんが擦れてリークを起こすと最悪エンジンがかからなくなる事もありますよ!

エンジンに元気な火花は基本ですね!

 

ではまた。


松川



pic20191108192041_0.jpg



pic20191108192041_1.jpg



pic20191108192041_2.jpg

2019.09.03更新

お久しぶりになってます。

ここ最近、入庫台数が非常に多くてんてこ舞いです。
すぐの入庫が困難でご迷惑をおかけしてしまっている方には申し訳ありません。


さて夏場に多いエアコン修理ですが症状も様々で多種多様な修理が求められます。

こちらのお車はエアコンガスを入れてもすぐに抜けてしまいます。
写真は正常なパイプとの比較です。
エアコンコンプレッサーと低圧ホースの接合部分までは特定し外して見るとパイプ部分がペラペラに削れています。生産終了のホースも当社では特注でホースを作れますのでなんとか無事修理完了です。

この夏はコンプレッサーの交換も多く、エキパンもこんなひどい車も。

効きが良いと言われる134Aの1993年の240も最近はコンデンサーからの漏れの車も多くコンデンサーを特注で作ったりとホント色々あります。

940では最近はECCユニットの不具合も多いです。

このように絶版でない部品も作ったり直したりと古い車もまだまだ乗れるようにお手伝いいたしますので是非ご相談を!

松川

 



pic20190903165255_0.jpg



pic20190903165255_1.jpg

2019.06.04更新

さて今回の修理は「クルマを動かすと水の流れる音がする」です。

お車は2008年XC90。

240などではボディのサイドシールのドレンが詰まって水の流れる音がすることはよくありますが。

とりあえず状態確認で助手席のフロアマットの下は特に濡れても湿ってもいない、内張りを外しフロアカーペットの隙間から覗くと大量の水が!!
カーペットを完全に外すと池ができています。
20cmはあるぶ厚いフロアカーペットとボディの深さのおかげで上にはあがって来てなかったみたいです。幸いなことに電装品にもかぶっておらず良かった良かった。

さて次は水の浸入経路はどこか。エアコンのドレンはOK。
サンルーフのドレンをチェックするとこちらでした。
Aピラーに刺さるドレンからポタポタと。
外して見るとニップルがグズグズに!
あとはニップルを新品に交換して(詰まりをなくすために加工してます)カーペットを乾かして完了です。

いつの間にか2008年の車でもゴム類は経年劣化で交換するようになってしまいましたね。90年代の車ならいざ知らず。あわわ。。。


松川


P.S. 在庫車両ちょこちょこUPしてます!気になる車両があればお気軽にお問い合わせを!!http://www.2ndmotors.co.jp/



pic20190604183335_0.jpg



pic20190604183335_1.jpg



pic20190604183335_2.png

2019.05.16更新

皆様お久しぶりです。

令和になって初めての投稿です。

なにぶん自分もメカ兼営業なので忙しい時にブログが・・・。


さて今回の事例は、走行中にシフトの下あたり、もしくは後ろの方から回転に応じての一定の振動やゴンゴン音がする症状になります。
かなり不快な振動が起きますが徐々に症状が悪化していくのでいつも運転している方は気付きにくいかもしれません。
これはエンジンの動力を後輪に伝えるプロペラシャフトのユニバーサルジョイントの不具合によるものです。錆による固着、何本もあるピンの削れなどで起こります。
修理はユニバーサルジョイントを分解しスパイダーを交換していきます。
この時にピンを一本でもなくさないように気を付けてと。
これで組み上げて完了です。

診断はプロペラシャフトを外さないとわかりませんのでなかなか大変です。

マウント、ブッシュ、AT、デフと似たような振動や音の原因は多岐にわたるので答えを導きだすのは容易ではないのです。

ではまた

 

松川



pic20190516113131_0.jpg



pic20190516113131_1.jpg



pic20190516113131_2.jpg

2019.02.14更新

皆様お久しぶりです。
決してブログをやめてしまったわけじゃなくなんだかんだ忙しくて…とまた言いわけから始まります。


さてこちらのお車はもともと当社で数年間代車として使っていた車を復活させたお車です。

塗装がかなり傷んでいたので当社でリペイント。
基本的に高年式の色替えは塗った感が出すぎて違和感が出るのであまり好きではないのですが、もと色のダークグリーンのままでは面白くないので940SEのグリーンを使ってひと色明るくしてみたところバッチリ!!色替えとは思えないこの違和感の無さ!
写真は汚れてしまっていますが…。
ペイントに出している間に来られた240をお探しのお客様に仕上がりを見ていただいたところすぐに購入が決まってしまいました。

さて早速、納車整備の状況です。
この車、タペット音がカチカチとかなりうるさいです。
タペット音は通常はタペットのシムを調整することで良くなります。

実はこの車は過去に数度と当社でタペット調整をしているのですがシム調整の限度値を超えてしまい当社特注(ここ大事)のシムを使っても無理なほどです。カムシャフトは減っているわけでもないのでバルブスプリングかバルブ交換かはたまた中古ヘッドに交換か、なんて考えていたのですが当社の倉庫にかなり前から眠っていた新品のヘッドがあったのでそれに交換です。
お客様はラッキーですねー!

経験上、特に1992年1993年モデルの240にタペット音が出ている車が多いという事実。
部品の品質が悪かったのでしょうかねー。


納車整備こんなにしてるとこないでしょってぐらい頑張ってます!

他店での購入後の整備はタペット調整でもヘッドガスケット交換も何なりとお申し付けください!

松川



pic20190214205201_0.jpg



pic20190214205201_1.jpg



pic20190214205201_2.jpg

前へ 前へ

購入やメンテナンス、車検、ご希望の車やパーツもお探します!

ボルボのことなら何でもご相談ください。

電話番号0422-33-8888 営業時間:10:00~19:00

メールアドレス

confoottel_sp.png

メールアドレス

何でもご相談ください

車検・整備は事前予約をお願いします。電話番号0422-33-8888 営業時間:10:00~19:00

メールアドレス

お車についてのお問い合わせ部品についてのお問い合わせその他のお問い合わせ

VOLVO社外・純正 2ND Motorsのパーツ販売 2ND Motorsパーツ販売サイトへ中古車・パーツ販売 メンテナンス 2ND Motorsについて根っからの車好き達がボルボライフをお手伝いします! スタッフ紹介
ボルボ屋オヤジ日々のぼやき ボルボ屋オヤジの日記帳ボルボパーツネタ! ボルボパーツBLOG2nd Motorsを覗き見 ボルボ整備BLOG

2nd Motors Twitter

2nd Motors Twitter